勉強ノート, 漢方方剤

大建中湯

だいけんちゅうとう エキス剤100番

<構成生薬>人参、乾姜、山椒、膠飴

山椒(さんしょう)=蜀椒(しょくしょう)

<出典>『金匱要略』

「心胸中大寒痛、嘔して飲食することは能はず、腹中寒え、上衝して皮に起こり出で見れ、頭足上下に有り、痛みて触れ近づくべからざるは、大建中湯之を主る。」

<効能>

  • 【ツムラ】腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの。
  • 【コタロー】腹壁胃腸弛緩し、腹中に冷感を覚え、嘔吐、腹部膨満感があり、腸の蠕動亢進と共に、腹痛の甚だしいもの。胃下垂、胃アトニー、弛緩性下痢、弛緩性便秘、慢性腹膜炎、腹痛

<鑑別>


【索引】全項目生薬処方(あいうえお順)処方(番号順)効能・効果・適応疾患過去問まとめブログ記事一覧

コメントを残す